アライグマの米国株投資

米国株の高配当銘柄を中心に投資を行うブログです。

お金を捨てる覚悟で投資できていますか

投資には常にリスクがつきまといます。

このリスクについてどう向き合うか、私の考えを紹介したいと思います。

 

 

高リスク商品への投資について

高リスク案件に投資する場合には、お金をドブに捨てるほどの覚悟をもって投資に臨んだ方が良いと私は考えています。

ここでいう高リスク案件とは、価格変動(ボラティリティ)の大きい商品を指し、新興銘柄株式や仮想通貨等を想定としています。

ある程度大きく稼ぐことができたら、利回り4%程度の安定した投資先に切り替えるべきですが、まとまったお金を手に入れるために若い時に大きなリスクを背負うのは財を成すための一つの手法であると考えています。

もちろん、本当は普通に働いてお金を稼いで節約を行い、蓄財をしていくのが一番の近道であると思いますが、高リスク投資で投資の感性を磨くのもよいのかと思います。

 

なぜお金を捨てる覚悟が必要なのか

では、なぜ高リスク商品へ投資するにあたってお金を捨てる覚悟が必要であるかということですが、以下のような理由があります。

 

・精神的負担が少ない

 元々お金を捨てる覚悟をしていたのだから、万一無価値になったとしても精神的ダメージが圧倒的に少ないです。

 多くの人は、高リスク商品に投資して大きな利益を得ることを夢見ているため、無価値になった時の精神的ダメージが計り知れません。

 ここで痛い思いをした多くの人たちは、「やっぱり投資は危ない、投資は危険だ。」と言って投資をやめてしまうのだろうと思います。

 やはり、リスクの分析と覚悟なしには投資はできないと思います。

 

・自然と余裕資金しか投資しなくなる。

 もし自分が投資した商品が明日無価値になるかもしれないとわかっているのに全財産を投じる者がどこにいるでしょうか。

 もしいたらかなりの勝負師か天才バカボンかのどちらかであると私は思います。

 やはり捨てるだけの覚悟をしようとすると自然と余裕資金の金額が導き出されるのでしょうか。そのリスク許容度は資産や年齢によってまちまちだと思いますが、私は全資産の20%程度を高リスク商品に充てており、結果的に私の場合のリスク許容度は全資産の20%ということになります。

 自分のリスク許容度を知る上でもこういう思考方法は必要ではないでしょうか。 

 

「最悪の状況を想定して事に臨む」

これは投資だけでなく様々な場面で自分の精神的負担を減らすだけでなく良い方向へ導く考え方であると思います。

なぜ人間のネガティブな感情はなくならなかったのか。

それは進化の過程でいつの時代でも必要とされる感情であり、ネガティブな感情を持つ事で危険を避けたり最悪の状況でも最善の一手を打つことができたのではないでしょうか。