仮想通貨は世界を変える

仮想通貨を中心に投資を行うブログです。

仮想通貨について思うこと

最近仮想通貨の盛り上がりがすごいですね。

話題性ももちろんですが、実際に仮想通貨の値上がりも目を見張るものがあります。

1日で10%程度は軽く上昇する日が多く、半ばバブル相場のようにもなっています。

仮想通貨は投資の対象となり得るのか、その魅力とリスクについて私の所見を記します。

 

 

仮想通貨の魅力について

仮想通貨市場の全体的な時価総額も日々成長しており、市場規模がこれから更に大きくなればどの仮想通貨に投資していてもそれなりの利益が見込めるように私個人は思います。

当然、これだけの上昇が続けば、急激な下落も避けられないように思いますが、長期的な成長が持続すれば、塩漬けになる可能性も低いと思います。

 

仮想通貨のリスクについて

下落幅の大きさ

仮想通貨のリスクは、その下落幅の大きさにあります。

通常の株式であれば、サーキットブレーカーが発動し、1日の値幅は制限されますが、仮想通貨の場合はそれがありません。

有事の際は10分の1以下になる可能性も覚悟しなければなりません。

取引所リスク

仮想通貨の取引所は大小様々あり、その全てが資本金等が十分にある所ばかりではありません。

大規模なハッキングにより取引所から仮想通貨が盗まれた場合、取引所は損失を補填できず破綻してしまう可能性もあります。

多様性リスク

仮想通貨は、有名なものではビットコインやイーサリアム等がありますが、現在ICOなどにより毎日のように新しい仮想通貨が誕生しています。

仮想通貨の種類が増えるということは、市場規模が伸びている間はよいですが、伸びが止まってしまった場合は、その市場規模の中でのパイの奪い合いになります。

そうすると、1種類あたりの仮想通貨の時価総額が減ることにより価値が下がってしまったり、競争により新しい技術を取り込んだ人気のある仮想通貨にのみ極端にお金が集まるなどの現象が起きてきます。

つまり、競争の激化により仮想通貨同士の淘汰が始まると私は考えています。

今はどの通貨を購入しても上昇が見られましたが、これからはどの種類の仮想通貨に投資するかより厳しい選定を行わなければならなくなってくると考えています。

 

 

以上のことより、仮想通貨は、大きく儲けることのできる可能性を秘めていますが、その分時には非常に大きな下落も十分あり得ることを覚悟しながら投資に臨むのが良いかと思います。