仮想通貨は世界を変える

仮想通貨を中心に投資を行うブログです。

仮想通貨Litecoin(ライトコイン)とは

Litecoin(ライトコイン)は、ビットコインを「金」に例えるならライトコインは「銀」と称されるほどその通貨としての価値は高いと評価されている通貨です。

ここでは、仮想通貨Litecoin(ライトコイン)について、解説します。

 

 

Litecoin(ライトコイン)とは

Litecoin(ライトコイン)は、2011年10月に元googleエンジニアのCharlie Lee氏によって公開された仮想通貨です(単位は「LTC」)。

ビットコインが「金」であるならライトコインは「銀」であると称されることがありますが、知名度こそビットコインに劣るものの、ライトコインの方が開発が後発であるためビットコインより優れた性質を有しています。

発行上限は、ビットコインが2,100万枚に対し、ライトコインはその4倍にあたる8,400万枚です。

時価総額は、2017年11月21日時点で、約268億7,000万円ある、全仮想通貨の中で第5位に位置しています。

 

Litecoin(ライトコイン)の特徴

 

取引承認速度が速い

ライトコイン最大の特徴は、取引承認速度の速さにあります。

ビットコインが1回の取引承認におよそ10分を要するのに対し、ライトコインはその4分の1の早さにあたるおよそ2分半で承認が完了します。

暗号化方式(アルゴリズム)がスクリプト方式

ライトコインの暗号化方式は、ビットコインが「SHA256」であるのに対し、Script(スクリプト)方式を採用している点にあります。

ここでは、詳しく記述しませんが、スクリプト方式を採用することでマイニングを効率よくできるようになるという利点があります。

Segwit(セグウィット)を搭載


「Segwit」とは、仮想通貨の取引データの中の内、署名部分は取引ブロックに入れずに別の領域に格納することを言います。

 これにより、取引ブロックには署名部分が除かれた分の余裕が生まれ、取引スピードが向上します。

 現在ではビットコインでもSegwitが搭載(2017年8月24日)されていますが、ライトコインはこのSegwitを2017年5月に先駆けて搭載した仮想通貨であり、世界的にも注目を集めました。

 

Litecoin(ライトコイン)が購入できる取引所

以下の大手仮想通貨取引所にてライトコインが購入できます。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

Litecoin(ライトコイン)の将来性と個人的見解

ライトコインは、中国での取引が盛んでしたが、日本の大手取引所も取り扱いを開始したことにより取引量も増えているようです。

ただ、実用面では取り扱い企業が少なく、本来の開発思想であった日常的な決済用途という意味ではまだまだこれからという感じが見受けられます。

よって、これからの機能追加やアップデートを重ねることにより市場の注目が集まり、需要が増せば価値の上昇が今後も続いていく可能性がある通貨であると私は考えています。

Monacoin(モナコイン)とは

 みなさんはMonacoin(モナコイン)という仮想通貨をご存じでしょうか。

 実はMonacoin(モナコイン)は、日本初の仮想通貨であり、最近価格の急上昇が起きている話題の通貨です。

 ここではこのMonacoin(モナコイン)について解説します。

 

 

Monacoin(モナコイン)とは

 Monacoin(モナコイン)は、巨大掲示板サイトである2ちゃんねる上でわたなべ氏によって開発された日本で初めての仮想通貨(単位は「MONA」)です。

 「モナ」の語源は、2ちゃんねるのネコキャラクターである「モナー」であると言われています。

 公開されたのは2014年1月1日でありまだ新しい仮想通貨といえます。

 発行総数は1億512万枚であり、ビットコインの2,100万枚に対しておよそ5倍になっています。

 また、ブロック作成間隔も約90秒と、ビットコインの約10分に対しておよそ6.7倍のスピードとなっておりとても早いです。

 Monacoinの価格は、公開当初およそ2.5円で取引された後、0.5〜100円のレンジで推移していましたが、2017年10月3日に大手取引所のbitFlyerに上場してから大暴騰しており、11月現在は300〜400円前後を推移しています。

 

Monacoin(モナコイン)の特徴

Segwit(セグウィット)を搭載

「Segwit」とは、仮想通貨の取引データの中の内、署名部分は取引ブロックに入れずに別の領域に格納することを言います。

 これにより、取引ブロックには署名部分が除かれた分の余裕が生まれ、取引スピードが向上します。

 現在ではビットコインでもSegwitが搭載(2017年8月24日)されていますが、MonacoinはこのSegwitを世界で初めて搭載した仮想通貨であり、世界的にも注目を集めました。

日本国内での利用用途が多彩

 Monacoinは、国内で誕生した仮想通貨ということもあり、決済用途だけではなく色々なサービスに利用できる場が増えてきています。

特に面白いサービスがMonacoinによる投げ銭サービスです。

 これは、掲示板やブログなどで面白い投稿があった場合に、相手への感謝や評価を伝える手段としてMonacoinを投げ銭できるというサービスでありネット上で広がりを見せています。

 

Monacoin(モナコイン)が購入できる取引所

Monacoinは、bitFlyerやZaifなどの大手仮想通貨取引所で購入できます。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

Zaif

 

Monacoin(モナコイン)の将来性と個人的見解

 日本発の仮想通貨ということもあり、Monacoinに対し愛着があるファンも多く日本での盛り上がりを見せています。

 私も個人的に応援したい通貨の1つです。

 将来性という観点から言うと、まず日本でこれからどれだけ普及するかということが焦点になってくると私は考えています。

 現在一部の実店舗ではMonacoin決済が導入されていますが、ビットコインに比べるとまだまだ普及が進んでいないのが現状です。

 ただ、Monacoinは決済手段としてではなく日本独自の様々な面白い用途に使用されるのではないかと期待しています。

 そうして日本独自の進化を遂げた仮想通貨として世界へ発信・進出していってほしいと考えています。

 

 

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは

ビットコインに次ぐ、有名な仮想通貨と言えばEthereum(イーサリアム)ではないでしょうか。

ここでは、Ethereum(イーサリアム)について、解説します。

 

 

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)とは

Ethereumは、ビットコインとは異なる設計思想に基づき考案された仮想通貨です(単位はETH)。

ビットコインの場合は、決済手段として使用することを基に設計されているのに対し、Ethereumは通貨としての決済手段だけではなく、後述するアプリケーション作成のプラットフォームとしての機能をメインとして設計されています。

そのため、他の仮想通貨のICO時に利用できる通貨としてよく採用されており需要が高いのです。

Ethereumの現時点での時価総額はおよそ3兆7,000億円であり、全仮想通貨の中でビットコインに次ぐ第2位となっています。

 

Ethereum(イーサリアム)の特徴

アプリケーションプラットフォーム

Ethereumは、アプリケーションを作成するためのプラットフォームとしての性格を有しています。

これは、ブロックチェーンの技術を応用し、取引データのみならず柔軟に他のデータまでもブロックの中に記述できる特性を持っているからです。

この特性により、Ethereumは、アプリケーション開発が行えるようになっています。

 

スマートコントラクト技術

スマートコントラクトとは、直訳すると「賢明な契約」というようになりますが、その名のとおり、通常の契約よりスマートに契約を行うことができることを目的として導入された技術です。

これは、ブロックの中に契約内容を記述し、ブロックチェーンに取り込むことにより、契約内容の改ざんや複製を防ぐことができるシムテムになっています。

Ethereumは、その柔軟性の高さからこのようなスマートコントラクト技術を利用することができる設計になっており、他の通貨とは性質を異にするものとなっています。

 

Ethereum(イーサリアム)が購入できる取引所

Ethereumは、日本の大手取引所のほとんどで取り扱いがあります。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Zaif

 

 

Ethereum(イーサリアム)の将来性と個人的見解について

以上のように、Ethereumの将来性は非常に高く、利用の幅や頻度もこれからますます増えてくるだろうというのが私の見解です。

ただし、この拡張性の高さは、利便性の高さと同時にセキュリティ上の脆弱性も生み出す危険があります。

これからも、あらゆるサイバー攻撃に耐え、通貨としての信用の高さが証明されたときが真価を発揮するときであると考えています。

 

 

仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とは

 仮想通貨のビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインから分裂した新たに誕生した仮想通貨です。

 ここでは、ビットコインキャッシュについて解説します。 

 

 

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

 ビットコインキャッシュは、これまでのビットコインの仕様からさらにブロックサイズを大きくし、決済用途としての利便性を高めることを目的として開発された仮想通貨です(単位は「BCH」)。

 というのも、ビットコインは既に取引量の上限(1MB)に達しており、送金スピードの遅れなどの問題が出てきていました。

 

 そこで、その送金スピードの問題を改善するために一部のマイナー(採掘者)が開発したのがビットコインキャッシュでした。

 ビットコインキャッシュのブロックサイズは、8MBもあり今後の取引量の増大にも対応できると考えられています。

 

 また、ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークにより分裂する形で2017年8月1日に誕生したばかりのかなり新しい通貨です。

 誕生した当初は30,000円から60,000円程度のレンジで推移していましたが、11月14日に行われたビットコインキャッシュのハードフォーク(マイニングの難易度調整による仕様変更)により一時200,000円まで値上がりし、現在は120,000円前後で推移しています。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ブロックサイズ(取引量)が大きい

 ビットコインから分裂する形で誕生したため、ビットコインと類似する部分も多いですが、機能的に異なる部分もいくつかあります。

 そのもっと大きな違いとして、ビットコインのブロックサイズが1MBであるのに比べ、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBあるということです。

ブロックサイズを8倍にまで拡大したことにより、取引処理に余裕が生まれ送金スピードの改善が図られました。

 

Segwitが非搭載

 「Segwit」とは、仮想通貨の取引データの中の内、署名部分は取引ブロックに入れずに別の領域に格納することを言います。

 これにより、取引ブロックには署名部分が除かれた分の余裕が生まれ、取引スピードが向上します。

 

 ビットコインは、ブロックサイズが1MBしかないというスケーラビリティの問題から、2017年8月24日にSegwitが実装されています。

 

 それに対し、ビットコインキャッシュはSegwitが搭載されていません。

 これは、そもそもビットコインキャッシュはブロックサイズが8MBという容量を備えており、サイズ的に取引速度の問題が起こりにくいからです。

 また、Segwitも万能ではなく、取引データの署名部分を別領域に分けることでシステムの脆弱性を突いた攻撃を受ける可能性があるという考えに基づき採用していないようです。

 

購入できる取引所

 ビットコインキャッシュは国内大手仮想通貨取引所のほとんどで取り扱いがあり購入可能となっています。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Zaif

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性と見解

 ビットコインキャッシュは、誕生してからまだ間もないにもかかわらず現時点(2017年11月現在)での時価総額はおよそ2兆円を超えておりすべての仮想通貨の中でも第3位と非常に期待値が高い通貨です。

 まだまだ通貨としての不安定さもありますが、実用面としてビットコインのように決済手段として多くの企業から採用され始めればさらなる価値の上昇も見込め、仮想通貨の覇権を握れるだけのポテンシャルを秘めていると私は考えています。

 

 

仮想通貨Ripple(リップル)とは

仮想通貨を2017年初期から投資していた方ならご存じかもしれませんが、大暴騰を見せた注目の仮想通貨がRipple(リップル)です。

以下では、Rippleの概要や特徴について解説します。

 

 

Ripple(リップル)とは

Rippleは、国際送金を即時に行う決済ネットワークとして利用することを目的とし、2004年にカナダのウェブ開発者である Ryan Fuggerによって公開された仮想通貨であり、単位は「XRP」と呼ばれています。

時価総額は現時点でおよそ92億円にのぼり、仮想通貨時価総額の中で第4位に位置しています。

リップルの総発行量は、およそ1,000億XRPであり、既にそのすべてが発行済みとなっています。

ただし、その内の約6割がリップル社が保有しており、市場に流通していません。市場に流通しているおよそ400億XRPが実質的な発行量とも言えます。

当然、リップル社が自社が保有している大量のRippleを市場に流せばRippleの価値は下落しますが、そうならないよう現在はロックアップをかけているようです。

 

Ripple(リップル)の特徴

低価格手数料でスピーディに国際送金ができる

元々このような創設目的があり開発された通貨であり、送金などの銀行間取引をスピーディーに行える機能に特化しています。

例えば日本にいる人が日本円を使ってアメリカへドルで送金したい場合、Rippleのプラットフォームを使えば数秒で送金や決済ができてしまいます。

Rippleはこのプラットフォーム上で送金するための橋渡し的な中間通貨として役割を果たしています。

 

大手金融機関が国際送金の手段としてRipple採用に向けて動いている

多くの仮想通貨は、多くの可能性を秘めたまま実用性がまだ乏しく発展途上段階であるのに対し、Rippleは既に三菱UFJ銀行を初め大手金融機関が国際送金のプラットフォームとして採用される動きにあります。

国際送金の基軸通貨となれば、Rippleの存在および価値は不動のものとなるでしょう。

 

購入できる取引所

現在日本の大手取引所の中でRippleの取り扱いがあるのは、CoinCheckのみとなっています。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

Ripple(リップル)の将来性と見解

Rippleは、国際送金の革命を起こすほどの技術革新のパワーを持っており、期待度は非常に高いといえます。

ただ、銀行間取引として使用される仮想通貨なので、値上がり益を狙う投資対象としての価値は図りかねる部分があります。

Rippleを国際送金の基軸通貨として使用するなら、通貨価値の安定性は重視されると思います。

これからよりRippleが、国際送金プラットフォームとして発展し、世の中を変えるインパクト持っていることに期待しています。

 

 

仮想通貨NEMとは

仮想通貨のアルトコインで、将来の期待度が高いコインがあります。

その名もNEM(ゼム)と呼ばれる仮想通貨です。

以下では、NEMの概要や特徴について解説します。

 

 

NEMとは

NEMは、New Economy Movement(新しい経済運動)と呼ばれる略称を持っており、新しい経済圏を創出することを目的として2015年3月31日に公開された仮想通貨です。

NEMの総発行量は8,999,999,999NEMとなっており、そのすべてが既に発行されています。

ブロック生成間隔は1分となっており、ビットコインに比べて格段に高速な通貨です。

 

NEMの特徴

PoI(Proof-of-importance)

  NEMの大きな特徴として、PoI(Proof-of-importance)が挙げられます。直訳すると「重要度の証明」という意味になりますが、その名の通りNEMのネットワークに対してより大きな重要度を持つユーザが平等に報酬を受けられることを意味します。

 この重要度はPoIスコアによりランク付けされており、ユーザが保有しているXEMの残高のほか、トランザクション量(送金や取引の量)によりPoIスコアが決まります。

 つまり、NEMのネットワークを積極的に使い、取引を活発にしている人に利益が分配されるシステムになっています。

ハーベスティング

 NEMでは、前述のとおり総発行量すべてを発行済みであるため、マイニング(採掘)という概念がありません。

 しかし、NEMにはハーベスティング(収穫)という形でNEM利用者に利益を分配しています。

 これは、利用者間で取引を行い支払われた手数料をPoIスコアに応じて分配されることにより実現されます。

 ただし、ハーベスティングを行うには、10,000NEM以上の残高が必要です。

購入できる取引所

現在日本の取引所での取り扱いは、「コインチェック」と「Zaif」の2つの取引所があります。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zaif

どちらも人気の取引所となっており、安心して取引を行うことができます。

 

NEMの将来性と見解

上記のようにNEMは他の仮想通貨と異なる優れた特徴を持っていることから、NEMの将来性は非常に高いと考えます。

NEMが利用され始め、多くの人に広く認知され出すと価格はさらに高騰する可能性を秘めていると私は考えています。

特に発行数量が決まっている通貨であるため、需要が伸びればその価値は簡単に増大します。

ただし、仮想通貨市場自体まだ黎明期段階である可能性もあり、価格変動が大きいというリスクがあることに注意して取引を行いましょう。

できる限り余剰資金での取引をおすすめします。

 

ビットコインとは

ビットコインとは、一体何なのか。

これから仮想通貨投資を始めようと考えている方向けにビットコインについてわかりやすく解説します。

 

 

仮想通貨の代表的存在

ビットコインは、数ある仮想通貨の中、時価総額トップを誇る代表的通貨です。

ブロックチェーン技術を軸に、世界のどこでも買い物ができ、貨幣の流通に国境がないことを目的として創設された仮想通貨です。

 

実際のお店で、現金の代わりに使用できる

世界でも使用できるお店が増え、広がりを見せつつありますが、日本でもビットコイン決済ができるお店が着実に増えています。

特に最近では、大手家電量販店であるビックカメラや大手旅行代理店であるHISなど、大企業もビットコイン決済を採用する傾向にあります。

これからどんどんビットコインで決済を行うことのできるお店が増えると、誰もがビットコイン保有する未来が予想されます。

 

送金手数料が安い

ビットコインは、円貨に換金したり、決済ができる他に、誰かに送金することができます。

しかも、送金手数料が安く、特に海外に送金する際も現地通貨に両替する必要がないため、お得に送金できます。

 

これからビットコインがもっと普及するには数々の課題が残されていますが、それを乗り越えた後に見える世界は、おそらく誰もが仮想通貨を当然のように使っている景色が見えることでしょう。